マンチェスター・ユナイテッドでの日本代表選手である香川真司の真価

マンチェスター・ユナイテッドには世界でも屈指のアタッカ—がいる。日本代表サッカー選手である香川真司は常にゾーンの隙間へ移動しながら、自分が受けられないときには、味方にパスコ—スを指示する。サイドを打ち破るドリブラーとしてナニ バレンシア。中央のストライカ—にはチチャリ—卜、 ウェルベック、そして万能のウェイン・ル—ニ—……。だが、イニエスタのよう に”間”でパスを受けるスペシャリストがいない。ガードの上から叩き割るような攻擊の 威力はあつても、プロックに浸透して崩すような攻め方は得意ではなかつた。
昨季、最後の最後でプレミアリーグ優勝を手にしたマンチェスター•シテイには、シルパとナスリがいた。この2人は、シティのプレ—を大きく変えている。2シーズン前に加入したダビド•シルパは、ゾーンの隙間でパスを受ける名手だ。ただ、シルバだけではシティのプレ—を|変させることはできず、シルバを中心としたシヨ—卜バスと、中盤をすっ飛ばすロングパスの攻擊が混在した状態だった。しかし、サミル•ナスリがアーセナルから加わると、”間”で受けられる選手が2人になり、 そこからシティの攻擊は劇的に変わっていった。
ファ—ガソン監督に とっては、CLの舞台でのバルセロナだけでなく、国内リーグにも新たな脅威を見たことになる。一刻の猶予もない。プレシーズンマッチでの香川真司は、持ち前の”間”で受ける才能を存分に示し、マンチェスター・ユナイテッドのプレーを変え始めている。
香川真司は常にゾーンの隙間へ移動しながら、自分が受けられないときには、味方にパスコ—スを指示する。すると、マンチェスター・ユナイテッドの選手たちは香川の指示に従ってボールを 動かす。つまり、それだけ香川を見ているし、香川の判断を尊重しているわけだ。香川を軸 にしたユナイテッドの新しいチーム作りは、 順調にみえる。
だが、結論を出すにはまだ早すぎるだろう。マンチェスター・ユナイテッドが香川真司を消化できるかどうかは、実際にシーズンが始まつてみないとわからなフアーガソン監督は、これまでも少し毛色の変わつた選手を狸得することでプレーの変 化を狙つたことがある。最も成功したケース はエリック•カントナだろぅ。ただ、あまり上手くいかなかつたこともある。

オススメサイト:

日本代表 サッカーユニフォームは新型のユニフォームが人気販売中!日本代表選手に応援して、或いは選手達の力になれて頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です