日本代表サッカー選手の守備戦術「Nボックス」

前の日本代表のサッカー選手の配置をみると、そこで最初に対応すべきはボランチの二人であることがわかります。しかし、カバーするエリアがあまりにも広く、体力的にはかなりしんどい状況を強いられてしまいます。

もつとも、左サイドの守備に関してはまつたく問題はありませんでした。ボランチでコンビを組んでいた服部さんには抜群の走力があり、自らのポジションから飛び出して相手に対応し、対応したらまた自分のポジションに戻るといぅ往復作業を難しなくこなします。服部さんの運動量とゲームの流れを読むカによって、左サイドの守備に関する問題はあっさり解消されました。

ところが、僕には同じよぅな体力がありません。前述のとおり、僕の体力は日本代表チーム内最低ベレベル。服部さんと同じプレーをすることは不可能です。そこでチームとして導き出した答えは、右サイドのスぺースに対応するのは僕ではなく、3バックの右に位置する鈴木秀人さんが前に出ることでした。鈴木さんが飛び出して空いたDFの位置には、僕が下がります。つまりポジションを入れ替えることで、相手のサイド攻擊に対応していたのです。

「Nボックス」を採用したジユビロの守備戦術は、左サイドと右サイドで大きく異なりました。もっともそれは、監督から指示された戦術ではありません。僕とサッカー選手鈴木さんのあいだで「そのほぅが対応しやすい」と考え、自ら判断した結果でした。その結果、ジユビロはチームとしてべストな守備戦術を確立し、翌ニ〇〇ニ年にはJリーグ年間王者に君臨することになったのです。

オススメサイト:

・ここでナイキサッカースパイクを始め、プーマやアディダスなどのサッカーシューズが大量在庫しております。ぜひ見逃しなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です